2015年7月7日火曜日

七夕に願ったわけでもないけど3足目のadidas boostシューズがやってきた

7月7日 七夕の日。
一般的には短冊に願い事を書いて笹の葉にくくりつけたり、天の川を眺めたり。
そんなイベントですが、本来は節句の1つで季節の節目という意味です。
さて、今年も例年どおり短冊に願い事を書くわけでもなく、空は相変わらず曇ってて時々雨降ってたりと天の川どころか雨に濡れずにどう移動するか考える日です。

そんな七夕の日にまかさの出会いが訪れようとは。


adidas boostの箱

この箱、どこのお店に行っても積んであるだけでひと目でわかるとても優秀なデザインです。
そんな箱が再び我が家にやってきました。
boostの箱だけじゃ、何買ったかわからないですよね?もったいぶっちゃって(笑)


グリーンが鮮やかなシューズです。コレだけ見てモデルがわかる方はさすがです。
それじゃ少し寄ってみましょう。


横にするとboostフォームがどこに使われてるかわかりやすいですね。
このシューズはフット側にのみ使われてるモデル。
私が知ってるモデルだと・・・

adidas adizero CS boost
adidas adizero takumi ren boost
adidas adizero takumi sen boost

この3モデルだけです。
引っ張っちゃってるけど画像拡大するとバレバレなんですけどね(笑)
ということで、正解を寄った写真で確認しましょ♪


正解はadidas adizero takumi sen boostでした。
勢いって怖いです(笑)買っちゃったんです、定価17,820円のシューズをポーンと。
私が普段使ってるシューズの定価を調べてみると、、、

adidas adizero Boston boost 13,500円
adidas adizero Japan boost 14,700円

過去最高額(定価ベース)のシューズです。

ところで、私が即買したのは別に衝動買いの浪費グセがあるとかそういうわけではありません。
5月にこのブログで1度adidas adizero takumi sen boost紹介させていただいてます。

adidas takumi sen boostとtempo boostを借りてみました

コレがあったおかげで履き心地やサイズ感があらかじめわかっていたのですぐに買えたんです。
唯一悩んだのが

使いドコロ

takumi sen boostのポジションとJapan boostのポジションがカブるため、そこだけがネックでした。
ただ、匠のロゴは伊達ではなく、やはりtakumi sen boostの出来は素晴らしいんですよね。そこにひかれて買っちゃいました。

そして毎度恒例のコレ


新たに加わったtakumi sen boostを並べて記念撮影♪

シューズに負けない体つくりをしていきたいですね。